タクシードライバーの求人と転職 20代30代の若者

タクシードライバーというと、年代的には40代、50代が多いですが、20代・30代でも稼げます。

20代・30代だと、歩合制で比較的高収入を得ることができるのはもちろん、将来的にも経験を積んでさらに収入アップも狙えるタクシードライバーという職業は魅力的です。

転職するにあたって、多くのタクシー会社は、取得から3年経った普通自動車免許があれば応募が可能です。学歴・経験なども問われず、異業種からの転職も検討しやすいです。社員寮を用意しているタクシー会社もあり、地方からの転職も容易です。

また、2種免許の取得はタクシー会社の負担で、それに加えて研修期間の給与は保証されるので、金銭面でもあまり気にすることではないかと思います。

一般的にタクシードライバーは、資格取得期間は1日1万円の給与が相場で、乗務後の数ヶ月は20万円~30万円ほどで給与が保証されています。一般的な月給は最初から確保できまが、そこからは実力勝負の世界になってくるので、高収入を目指したい方には非常に魅力的な職業はタクシードライバーとなってくるでしょうか。

特に、飛鳥交通は業界未経験者でも、多くの講習があり、実際の営業でも働きやすいと評判です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です