東京都で大手タクシー会社の求人情報

タクシードライバーは40代、50代でもまだまだ働くことができます。

東京都ではタクシーの需要がかなり多く、多くのタクシー会社が求人を出しています。

タクシードライバーに必要な2種免許も会社負担で取得できることが多いです。ちなみに資格取得に必要な期間は最短で10日間で取得でき、タクシードライバーになるにあたっての障壁もほとんどありません。

また地方から東京に上京してきて住むところを探している方に魅力的なのは寮を完備しているタクシー会社も多い点です。正社員として勤務できれば原則住むことができるので、あらかじめ求人をよく確かめましょう。

ドライバーとして必要な地理に関する知識ですが、最近のタクシーにはカーナビが搭載されているので気にすることはありません。またタクシーに乗務していれば、地理的な知識も身につくのが早いと思います。

東京都で大手タクシー会社の求人情報を探すならタクQがおすすめです!詳細はリンク先を参照してください。

グリーンキャブなら未経験でも安心して働ける

タクシードライバーになるにあたって、非常にハードルが低いです。タクシー会社は万年人手不足ということもありますが、研修制度が整っており、その上、タクシー営業に必要な2種免許も、普通免許取得後3年後からなら会社の負担で取得できることが多いです。

中でもグリーンキャブは未経験でもやさしいとされています。入社する方の90%は未経験で、普通1種免許さえあれば特に何も必要ありません。グリーンキャブも2種免許の費用を負担してきれ、地理試験対策も專門の講師から教えてもらえるので、全く異業種から転職される方も多いです。

グリーンキャブでは、月給35万円の最低保障制度があります。業界未経験者の場合は、配属後に一年間は35万円の給料が保証されています。これも未経験者だと地理感覚や働きかけに慣れていないこともあり、入社したばかりでは、タクシードライバーして働き方に不安を持つ方でも安心して勤務できます。

タクシードライバーに転職するにあたって、グリーンキャブなら未経験でも安心しえ働けます。他のタクシー会社と比較して応募を検討してもいいでしょう。

タクシードライバーの平均年齢

タクシードライバーの平均年齢は50歳前後と言われています。つまり、タクシー業界は若い人材を求めているということです。とは言っても、これからタクシードライバーになる方は、しっかりとした体調管理、それから地理的な知識などが求められます。

タクシードライバーになるにあたって、自動車の2種免許の取得が必須です。たいていの場合、就職することになったタクシー会社の負担で免許取得ができるので、その点は安心できます。

タクシー会社は50代の方が多いことから、20代・30代の方には優しく接してくれることが多いそうです。タクシー営業のノウハウなどを聞くことができるので、タクシードライバーは平均年齢が高いから、業界に入っていくのは大変そうというイメージは今現在ありません。