タクシードライバーの平均年齢

タクシードライバーの平均年齢は50歳前後と言われています。つまり、タクシー業界は若い人材を求めているということです。とは言っても、これからタクシードライバーになる方は、しっかりとした体調管理、それから地理的な知識などが求められます。

タクシードライバーになるにあたって、自動車の2種免許の取得が必須です。たいていの場合、就職することになったタクシー会社の負担で免許取得ができるので、その点は安心できます。

タクシー会社は50代の方が多いことから、20代・30代の方には優しく接してくれることが多いそうです。タクシー営業のノウハウなどを聞くことができるので、タクシードライバーは平均年齢が高いから、業界に入っていくのは大変そうというイメージは今現在ありません。