増田裕介

増田裕介氏をご存知でしょうか?新型コロナウイルスの影響で、日本経済の先行きがわからない中、新しい形の投資として注目されている「エンジェル投資」の第一人者として有名です。

増田裕介氏は、スタートアップのベンチャー企業に少額の投資をする代わりに、株式などを受け取る「エンジェル投資」を25歳の頃から実践しています。

エンジェル投資では、500〜1000万円の投資をスタートアップ企業にし、5〜10倍ものリターンになったこともあります。増田氏によると、エンジェル投資は、10〜20%の確率で当たるとしていますが、バイアウトを含めて、投資として成立しているとのことです。

また、2001年に創業した大学受験予備校「増田塾」は、早慶上智などの難関私大文系学部の専門塾で、計16000人以上が、早稲田などの難関私大へ合格したという実績を誇っています。2017年にZ会へ譲渡されたものの、増田氏の実績はとてつもなく大きいものです。

それらの経歴から、2017年当時では最年少で内閣府から公益認定を受け、公益財団法人日本教育文化財団を創設し、代表理事に就任しました。また、2020年には内閣府から適格機関投資家とのお墨付きを得ました。

増田裕介氏の講演の様子がリンク先で紹介されていますので、ぜひとも読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。