エイジングケア化粧品の正しい選び方

いくつになっても健やかで美しい素肌のままでいたいと思うのは誰もが思うことですが、年齢や偏った食事・運動不足などの生活習慣によって、お肌の変調やトラブルが起こりやすくなってしまいます。

お肌を健康な状態に保つためにはバランスの良い食生活と適度な運動が不可欠ですが、それでも加齢とともに肌そのものの保湿力が低下し、お肌の老化が進行してしまいます。

そのような肌老化の大きな原因は肌の乾燥によるものが多く、お肌のしわやシミ、たるみ、毛穴の開きなどに大きく影響を与えます。

そこで、肌老化を防ぐためにもエイジングケア化粧品を利用した保湿ケアが重要となるわけです。

この記事では、肌老化の原因やお肌に必要な成分を理解するための情報をはじめ、お肌に合ったエイジングケア化粧品の正しい選び方を紹介していきます。

特に以下のような方にはオススメですので、ぜひお読みください。

・本気で、自分に合った良いエイジングケア化粧品を選びたい方
・流行に迷わない真面目なエイジングケア化粧品を使いたい方

1.エイジングケア化粧品とは

『化粧品』とは、「緩和な作用」による健康なお肌の維持や良い状態へ導くためのものです。
だから、『エイジングケア化粧品』もその延長線上にあります。

エイジングは「加齢(老化)」、ケアは「お手入れ」を意味しますので、エイジングケアとは老化と共に現れる肌悩みに対するスキンケアということになります。

肌老化には皮膚の乾燥をはじめ、皮膚の菲薄化・紫外線による光老化・酸化など様々な原因があります。
その原因の基にあるのが、水分量、皮脂分泌、コラーゲン、エラスチン、セラミド、ヒアルロン酸、プロテオグリカンといったお肌の成分が年齢とともに減少することです。

『エイジングケア化粧品』の基本的な役割は、一般の化粧品と同様に「保湿」になりますが、保湿力の高い成分に加えて、肌老化によるエイジングサインのケアをサポートする機能性成分が含まれているものを言います。

『化粧品』は治癒を目指すものではなく、「緩和な作用」による健康なお肌の維持や良い状態へ導くためのものであると説明したように、『エイジングケア化粧品』は「ほうれい線を消す」「しわを元にもどす」「シミを消す」といった効果はなく、エイジングサインの予防やケアをサポートすることが主な役割であることを理解しましょう。

また、最近の『エイジングケア化粧品』に含まれる成分は年々進化しており、科学的根拠のあるエイジングケア機能性成分も明らかになってきています。

できてしまったエイジングサインを無くすことや肌の衰えを改善することはできませんが、生活習慣の改善や他の方法と上手に組み合わせてお肌に合った『エイジングケア化粧品』を利用することで、肌老化を予防し、美しく健康的なお肌を保つことができます。

『エイジングケア化粧品』の正しい選び方については、肌老化の原因とエイジングケア化粧品成分の役割を皮膚科学的に理解することが大切ですので、そちらを紹介していきます。

2.肌老化の7つの原因

エイジングケアで最も大切なことは、バランスの良い食生活と適度な運動など、健康を意識した日常生活です。

さらに、お肌の仕組みや働きを知ることが、

・老化がどのように起こるのか?
・それを防ぐにはどうすれば良いのか?
・エイジングケア化粧品の成分がお肌にどのように働くのか?

を理解する近道になり、正しいエイジングケアをサポートします。

肌老化とは、「皮膚が本来持っている機能が劣化する」ことを指します。

現象面としては、お肌が水分や弾力を失い、ハリや潤い、艶がなくなることによって、「くすみ」「たるみ」「しわ」「ほうれい線」などが目立ってきます。

その原因は様々です、大きく分けて

1)皮膚の乾燥
2)皮膚の菲薄化
3)紫外線による光老化
4)酸化(カラダや細胞のサビ)
5)糖化(カラダや細胞のお焦げ)
6)女性ホルモンの減少
7)血管やリンパ管の老化

の7つに分けることができます。

これらの7つは、単独で起こることは少なく、加齢や生活習慣などが影響し、複数の原因が絡み合ってお肌や身体の老化が進んでいきます。

そのため、エイジングケアを化粧品だけのエイジングケアで考えていては、十分な効果が得られないことがよくおわかりになったかと思います。いくら自分に合った良いエイジングケア化粧品を選び、正しく使っても、日常生活に問題があったり、健康に問題があれば、効果を感じることは低いのです。

本気でエイジングケアを考えることは、本気で自分自身の健康を考えることになります。
ですので、肌老化の原因と効果的な成分を理解し、生活習慣を改善するとともにエイジングケア化粧品を使うことで、お肌の老化が進まないようにしましょう。

3.お肌に合ったエイジングケア化粧品の正しい選び方

お肌の老化を引き起こす原因はさまざまで、またその対策のためのエイジングケア化粧品成分も異なります。
また、エイジングケアと一口にいっても、1人1人が抱えているお肌の悩みは違うので、選ぶエイジングケア化粧品もそれぞれです。

そこで、ここではエイジングケア化粧品を選ぶ際の代表的な3つのパターンを紹介します。

■エイジングケア化粧品を選ぶ3つのパターン

①30代を迎え、そろそろ普通の化粧品からエイジングケア化粧品に切り替えよう
②特定のお肌の悩みがあって、その対策を考えたいのでエイジングケア化粧品を使おう
③お肌のお悩み対策ですでにエイジングケア化粧品を使っているけど、今ひとつ実感できないので、切り替えあるいは追加で別のエイジングケア化粧品を使う。

細かく分ければ、もっとあるかもしれませんが、いずれの場合もこの3つに集約されることでしょう。

そんなエイジングケア化粧品を選ぶ際に、おすすめしたいのがナールスゲン配合のエイジングケア化粧品を販売しているナールスコムです。

ナールスコムでは、エイジングケアからナールスゲンに関する幅広く深い情報を提供しながら、いつくかのエイジングケア化粧品が紹介されています。

エイジングケアを考えるなら、一度、ナールスコムを訪れてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。