心理学を活かしてコミュニケーションの最適化を図る

コミュニケーションについて悩んでいる方は多いと思います。他人とどのようにコミュニケーションを取ればいいのかわからず、いつも戸惑ってしまう、そんな悩みを解消するために、アドラー心理学を始めとするコミュニケーションの最適化のノウハウを学ぶのが良いと思います。

例えば、アドラーの言葉「ピンク色のメガネをかけている人は世界はピンク色でできていると勘違いしている」。これを活かせば、自分とは違う環境に置かれている他人のことを想像することで適切なコミュニケーションを取ることができます。同じ日本人でも「怒りっぽい」人や「優しい」人、「無関心」な人、いろんな人がいます。

コミュニケーションのノウハウなどを戦略脳コミュニケーション最適化ブログを参照して自分の中に取り込んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。