敏感肌の改善方法で良い方法は?

敏感肌で悩んでいませんか?

「肌はガサガサに乾燥していて赤い」
「化粧品を使うとよく肌がひりひりする」
なんてことがありませんか?
こんな肌は敏感肌。
バリア機能の弱った敏感肌では、外を出歩くだけでも皮膚がダメージを受けます。
さらに言えば、赤みやかぶれといった症状が出るため、悪目立ちしてしまうのです。

敏感肌を改善するには、角質層の乾燥状態を和らげるほか、保湿成分やビタミンの摂取も欠かせません。

1日も早く敏感肌を脱したい女性のために、今回はナールスエイジングケアアカデミーの記事である敏感肌を改善!症状・原因と10のエイジングケア対策のコツを参考に良い方法をご紹介します。

敏感肌の性質を知ろう

化粧品を塗布したときの顔のピリつきは、敏感肌によるものです。
その原因となるのが、角質層の乾燥。

本来は、バリア機能を果たすべき角質層が乾燥し、水分を失うことで、外部刺激に弱い肌になってしまうのです。

その結果として、市販のスキンケアアイテムを使っただけで肌荒れが起こってしまうほか、洗顔時のちょっとした摩擦でも顔周りのかゆみ・かぶれを引き起こします。

敏感肌が慢性化した場合は、皮膚の表面を保湿するだけでは症状が改善しません。

なぜなら、角質層のバリア機能が正常に働かない以上、摂取した水分はどんどん蒸発されてしまうからです。

この厄介な敏感肌を改善するには、バリア機能を修復するためのケアが必須なのです。

敏感肌ケアでやってはいけないこと

敏感肌をケアするために絶対にしてはならないのは、摩擦を加えることと、刺激の強い成分を皮膚に塗ることの2つ。

肌が弱っている状態では、今以上の刺激には耐えられないわけですから、外部刺激を徹底的に減らしていくのが、諸症状を改善するポイントです。

洗顔による摩擦はもちろん、乳液や美容液を顔に沁み込ませようと、肌をこするのはNG。

また、合成界面活性剤をふんだんに使用した「洗浄成分の強いクレンジング」を使うのはやめてください。

敏感肌の改善方法は「低刺激」と「保湿」がポイント

顔に付着したホコリや汚れを落とす際は、洗顔が必要です。
ただし、バリア機能の弱った肌には「低刺激」の製品を使いましょう。

また、角質層のバリア機能を復活させることで、敏感肌は改善できます。
ここで必要な成分は、「セラミド」。
人間の皮膚を生成するのに役立つほか、角質層の隅々をうるおす効果もあります。
良質な睡眠と合わせて基礎化粧品を見直せば、健康的な肌を取り戻すことができるはず。
中でもヒト型セラミドがおすすめです。
敏感肌の改善にためにセラミド化粧品を使いましょう。

まとめ

敏感肌の女性のために、ナールスエイジングケアアカデミーの記事である「敏感肌を改善!症状・原因と10のエイジングケア対策のコツ」のポイントをご紹介しました。
いかがだったでしょうか?
敏感肌の原因はバリア機能の低下。
だから、それを改善することが大切です。
刺激を避けてしっかり保湿を行って敏感肌を改善してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。